前歯だけ矯正のデメリットとは

前歯だけ矯正のデメリットとは

矯正の中でも治療までの時間が短くなったり費用が比較的安くなるため部分矯正を選択する人が中にはいると思いますが、審美的な面から前歯だけ矯正を選択する人も少なくないでしょう。しかし前歯だけ矯正の様な場合はデメリットも存在することを覚えておく必要があります。



真っ先に考えられるデメリットは全体矯正よりも仕上がりが劣ってしまう可能性が高いことです。



歯は一部分だけで噛み合わせているわけではなく、全体的な噛み合わせが重要になります。
そのため前歯だけの様に一部分を矯正しても審美的には改善されても全体的な噛み合わせが改善されるわけではなく根本的な治療とは言うことができないため、全体矯正よりも仕上がりが劣ってしまうのです。
次に考えられるデメリットとしてむし歯でないにもかかわらず歯を削ったり歯を失う可能性があることです。前歯だけ矯正をするため歯を動かすような隙間が無い場合は歯を削ったり、それでも隙間を作ることが難しい場合は抜歯をする可能性もあります。



最後に重度の出っ歯の場合は前歯だけ矯正で治療することが困難になる可能性もあります。
軽度出れば治療可能な可能性がありますが、重度の場合は全体矯正や他の治療方法を利用することになります。

もちろん人によっては前歯だけ矯正で問題ない人もいますので、まずは歯科医師に相談することが大切です。


何が何でも部分矯正を個人の判断で推し進めるのではなく、プロの意見を必ず聞いてから判断しましょう。

  • おすすめ情報

    • 前歯だけ矯正する部分矯正は、前歯の部分に4〜6個のブラケットを装着して歯並びを治す治療で、一部の気になる部分だけを矯正することができるので、治療期間も短く、費用も抑えることができます。前歯だけ矯正する部分矯正のメリットは、前歯だけが気になったり、出っ歯、八重歯、すきっ歯、受け口、仕事が忙しくて治療時間がなかなかとることができない人、過去に行った矯正の後戻りに悩んでいる人などにおすすめです。...

      detail
  • 驚く情報

    • 部分矯正は、前歯の部分に4個から6個のブラケットを付け、歯並びを矯正します。矯正方法の一つで一部のきになる部分だけを矯正したい場合にします。...

      detail
  • サポート情報

    • 海外での歯列矯正はポピュラーなもので、歯列矯正をしていない人は貧乏だと言われるほどです。日本では費用や矯正器具を装着した時の見た目から敬遠されてきました。...

      detail
  • わかりやすい情報

    • 歯並びを治したい、綺麗な理想的な歯並びにしたい場合は歯並びを治す歯科矯正という治療を受けることで綺麗な歯並びにすることが出来ます。この歯科矯正は基本的には歯並びを治したい部分だけでなくすべての歯に対して専用の器具を装着することで行われます。...

      detail