前歯だけ矯正のデメリットとは

  • 前歯だけ矯正するメリット

    • 歯並びを治したい、綺麗な理想的な歯並びにしたい場合は歯並びを治す歯科矯正という治療を受けることで綺麗な歯並びにすることが出来ます。

      この歯科矯正は基本的には歯並びを治したい部分だけでなくすべての歯に対して専用の器具を装着することで行われます。

      徐々に器具を締め上げていくことで少しずつ歯を移動させていき、理想的な位置に移動させる方法です。


      根が太く移動に時間がかかる奥歯を移動させる必要がありますので時間がかかる治療法で、2、3年かかることが一般的とされています。



      これに対して例えば前歯だけ治したいという方の場合は、前歯だけ矯正することもできます。
      この方法は部分矯正と呼ばれ、前歯にのみ専用の器具をつける治療法です。

      移動しにくい奥歯に器具を付けないため治療にかかる期間を短縮させることが出来ます。また、前歯だけ矯正する場合は、装着する器具が小さくて済みますし、施術範囲も狭くなります。


      そのため、コストが全体矯正に比べて安く済ませることが出来ます。



      また、矯正は定期的に歯医者に通い、器具を締め上げてもらう必要がありますがその都度通院費が発生します。


      そのため、期間が短くてすむ部分矯正はその分通院費も節約することが出来ます。


      トータルで見ると全体矯正の3分の1程度で治療を行うことができるのです。
      奥歯を治療しないため痛みも少ないのが特徴で、前歯だけ矯正したい場合はこの部分矯正を行ったほうがメリットが大きいと言えます。